忍者ブログ
ぬばりん&ななしのちよが適度に更新しています。
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19

クロエのレクイエム-infinito-発売!


ブリキの時計です。

本日11月19日、クロエのレクイエム-infinito-が発売されました! 
この日を迎えるまで長かったですね。

実はこのお話をもらった時、色々と悩んでいた時でした。

布団の中でひたすら曲を作っていた最中、メールの着信が鳴りまして。
確認したところそれが今回のお話でした。

メールを見た瞬間、悩み事もすべて吹っ飛び
すぐにぬばりんへ電話し、2人で家電話やらskypeやら携帯やらで相談を……(笑)
 
そのあとはとんとんと進み、現在に至ります。

こちらでは番外編を作ったり、エンディング追加をしてみたり。
このノベライズに関われて、本当楽しかったです。


◆黒川実様、高崎とおる様

色々と提案して下さり、またそれが番外編を作る時大変参考になりました…!

ノベライズで使われている文章をこちらで組み込ませてもらったり、
逆に本編の台詞を組み込んでもらったり…と
ゲームとノベライズをリンクさせるのも楽しかったです!

この度は本当にありがとうございました!



◆市ノ瀬雪乃様

イラストがあがる度にその美麗さに感動しておりました!

キャラクターの誕生日の際にもイラストを描いて下さって
本当に嬉しかったです。

また市ノ瀬さんのイラストを見る度に
モチベーションがあがり、ゲームを作る際には大変お世話になりました。

とっても素敵なイラストをありがとうございました!



◆宮川様

お返事がいつも遅かったり、納期ギリギリアウトだったりと
色々ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

ゲーム制作に対してとても不安になり、弱音を吐いてしまった時、
宮川さんがかけて下さった言葉を忘れません。

私たちにとって宮川さんあってこそのクロエのレクイエム-infinito-でした。

宮川さんはブリキの時計にとってお兄さん的存在で、
その姿勢に尊敬もしております。

色々提案もして下さり、ありがとうございました!



◆プレイヤーの皆様

この度このような素敵な本が出来上がったのは、
応援して下さったプレイヤーの皆様のおかげでした。
 
番外編イベントの中には
感想を頂いた際に「こんな未来が見たかった」と提案して下さったものから刺激を受け、
ブリキの時計なりに考え作ったものもありました。

クロエのレクイエムというゲームを応援して下さり、
本当にありがとうございました!
 

 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------


クロエのレクイエム-Con amore-は70~75%程度完成している感じです。
もうちょっとだ!

本編とは少し違う視点からもみられるノベライズですが、
番外編もまたノベライズとは違った視点からのお話となっております。
番外編の方は初見さんお断り状態になっている感じがしなくもない 。

小説の裏表紙にもなっているあの子たちの出番が!?

公開した暁にはどうぞ宜しくお願い致します。


クロエのレクイエム-Con amoreオルゴールver-
番外編のイメージはこんな感じ!


×××ここからは完全な内輪ネタとなります。×××







インタビューの方でもお話させて頂いていたのですが、
ななしのの父親は創作活動に厳しく
「クロエのレクイエム」という作品に対しても
あまり良い印象を持たれていませんでした。
 
作品に対して批判を受けたこともありましたし、
創作活動に対する姿勢についても指摘された事がありました。

ですが、頂いた感想や評価などを何度も見せているうち
少しずつ認めてくれるようになり…。

先日小説発売記念にとホールケーキを買ってきてくれました。

「ケーキ買って帰るね」って言われた時はピンと来ませんでしたが
小説おめでとうと言って家に入ってきた時は素直に嬉しかったです。



私にとって「クロエのレクイエム」は
親子関係をも修正してくれたゲームでありました。

規模は全然違えど
クロエのレクイエムも親子関係の話ですしね!

そういうわけで本日発売!
ここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!


番外編タイトル曲はこちらから!

拍手[14回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne